味の濃い物は抑えた方いい?

高血圧の予防・改善には、味の濃い物を抑えた方が良いといわれているんです。
ちなみにどのぐらい塩分を摂ればいいのかと言うと1日10g未満だといわれているわけですが、これを超えている人は多いようなので注意が必要になります。
塩が多く含まれる調味を使用する際は減塩されている物を選ぶようにしてください。
冬に近づくとストーブやエアコンを使うこともあると思いますが、トイレなど行くとき冷えた場所にいく場合は出来る限り注意してください。
実は、いきなり冷たいところに行くことで極端に血圧が上がるので危険だからです。
こんなことを毎回、やっていると慢性的な高血圧になってしまいます。
ですから、急減な温度差には十分に気をつけてください。
自律神経のバランスが取れない人は血圧が上がる傾向にあります。
実際に交感神経が優位になっているんですね。
ですので、副交感神経を活躍させるためはどうすればいいか考えなければいけません。
意識してやるにはリラクシングミュージックを聞くのもいいみたいですね。
これならラクかもしれませんね。
高血圧の人はやってみてはいかがでしょうか?ためしてガッテンという番組って知っていますか?この放送では、毎週、生活や健康にかかわる内容を中心に取り上げています。
ずっと前に放送されたのですが、高血圧対策として、タオルで使った体操がありました。
どのようなものかと言うと、手をふく時に使うタオルを丸めて、約30%ぐらいの力でタオルを握るようにします。
たった1本のタオルだけで、簡単にやる事が出来ます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP