高血圧の状態を放置すると・・・

高血圧の状態を放置すると場合によっては、糖尿病や心筋梗塞などの病気になることもあるので周囲にも迷惑がかかるんですね。
もちろん、そのようなことはいけません。
ですので、周囲に迷惑をかけないように普段から、徹底的に血圧を管理するようにしてください。
毛細血管の血液循環が悪いと血圧って高くなってしまいます。
12月から2月は、カラダを温めるようにする事が重要になります。
温かい部屋から出るときは、血圧が高くなるので気をつけてください。
そして、足や手の血管が衰えると血流が鈍ってしまい、そうなると、高血圧に悩まされることになります。
対策として具体的には、体を温まるようにして血の流れを改善することが大事です。
毛細血管を元気にするためにもマッサージをするといいと思います。
以外と知られていませんが、お酢って高血圧によろしいようです。
ですので、高血圧の予防と改善を考えているなら試しにお酢を飲んでみるのもいいでしょう。
お酢は便利ですので、料理でもいろいろ使えますのであきることはないでしょう。
但し、飲むを止めれば、以前にように血圧も高くなっていくでしょう。
ご存じかも知れませんが、高血圧は遺伝するんですね。
片親が高血圧なら、30%前後、両親なら50%ぐらいの確立で遺伝すると考えられています。
もちろん、遺伝といいましても食生活が両親と同じになっていると体質も同じような感じになってしまうと言う事です。
その様な事から両親の血圧が高いなら、注意しなければいけません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP