入浴が危険?

もし、血圧が高いような方は、いろいろと見直すことが大事なのですが、入浴が間違っていると危険です。
温度を高く設定して熱い湯船につかると血圧が急激に変化してしまいます。
それを防ぐには、足元から上に向かってお湯をかけてから入るなど。
お風呂で倒れてケガをしないためにも自己管理をしてください。
もしも、ちょっとでも高血圧対策するには何をやればいいのか?様々と見つかりましたが、誰でもできる方法を紹介しましょう。
具体的には深呼吸の方法になります。
血圧を測る前に深呼吸を何度がやりましょう。
このようなことでも多少ですが、高血圧が改善されます。
ぜひ試してみてください。
血圧が高くなる原因には、運動不足があるでしょう。
運動不足になれば代謝も悪くなるので、メタボになりやすいです。
そして、様々な病気とも深く関係しているので、それら病気にならないためにも運動を行うことが大事です。
運動といっても、ウォーキング程度の有酸素運動などで構いません。
普段から高血圧で悩んでいるなら、できるだけ体を使うようにしましょう。
会社の健康診断で自分がはじめて高血圧と分かり、おどろかれた人も多くいるようです。
でも、血圧と言うのは季節によっても違うと言う事を覚えておいてください。
できれば、家庭用の血圧計を購入して一日2回、朝晩と計るようにしましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP